眼精疲労

眼科受診で適切な治療を受けよう|緑内障は専門医に相談

予防と特徴

先生

緑内障は目の神経が破壊されて最悪の場合失明してしまう病気です。発症する原因がよく分かっていないので、予防としては定期検査を受けるのが一番です。日本人には眼圧が正常でも緑内障を発症する正常眼圧緑内障の患者が多いのが特徴です。

Read More...

事前検査と手術当日の予約

女性

レーシック手術は以前よりも身近な近視治療の方法として定着してきました。中でも手術を受けた経験者数が多い東京では、レーシック手術の希望者の数は後を絶ちません。このように希望者が殺到する東京でレーシック手術を受ける際は、事前検査は朝一番に、手術本番は夕方以降のなるべく遅い時間に予約を取る方が有効です。

Read More...

比較的新しい視力回復術

女性

一般的になってきた視力回復手術である「レーシック」は短時間の手術で高い視力回復効果を見込むことが出来るとして、人気があります。しかし、全ての人が治療の対象となるわけではありませんので、注意が必要です。

Read More...

眼圧が高まる病気です

自然

緑内障は年齢を重ねた人だけではなく、さまざまな世代で発症する眼病です。白内障とは異なり症状が自覚できた時にはかなり進行していることもあり、早期発見、早期治療が大切です。緑内障が発症しているにも関わらず、健康診断を受診していないために発見が遅れるケースもあり、日頃から意識して予防を行なっていくことが必要不可欠です。緑内障の特徴は眼圧が高まることで視神経に支障が起こり、視野が狭くなったり視界の周辺に黒点が点在することがあります。一度失った視野は回復が難しく、治療も視野欠損の進行をいかに遅らせるかが課題となります。治療の技術は向上し、薬物療法だけでなくレーザーによる治療や房水を体外に排出させる手術があります。早期治療を行えば失明のリスクの少なくなり、今後の生活にも負担を掛けずに過ごすことができます。

眼の周辺を取り囲んでいる房水は毛様体から作られ、水晶体の前面を取り囲むように流れています。前房に溜まった房水はシュレム管を通って外へ排出されます。房水の流れが一定であるために、眼内の圧力が一定に保たれています。緑内障は房水の流れに不具合が起きる事で圧力が乱れ、視神経に支障をきたして起こります。治療にはまず眼圧を下げる治療を行います。高齢者や近視が強い人にも眼圧が高い傾向があり、注意が必要です。また、生活環境の乱れやストレスからも発症することがあります。生まれつき房水を排出する隅角が狭くなっている場合もあり、早期に房水の流れを良くする手術を行います。眼病はいつ起こるかわからないため定期的な検診が大切です。空気眼圧計を使用して自分の眼圧を確認してみましょう。